NEWS

COMPANY INFORMATION OF
KANSAI BOUSUI INDUSTRY

有給休暇の取得推進と
取得率

2021.05.10


2019年4月より『年5日の年次有給休暇の確実な取得』が義務化されました。当社では「年5日」は全員クリアしているものの、個人によって取得率に差があることから、2020年度は『年50%の年次有給休暇の取得』を目標に掲げました。
目標を掲げた初年度は、期初に一斉付与(基準日方式)した総日数の70.8%が取得され、目標を達成した社員の割合は85.2%でした。
今後も、多様で柔軟な働き方を自身で”選択”できる会社づくりを目指します。
 [年次有給休暇取得率]
 2020年度 

 ・全取得率 70.8% (総取得/総付与日数)
 ・年50%達成者の割合 85.2%

健康(再検査)賞与の支給と
健康診断再受診率の推移

2021.05.10


2021年5月 健康(再検査)賞与を支給しました。
当社は、健康診断結果に基づく再受診率の向上を目的に、2019年度に健康(再検査)賞与を創設し、健康増進と再検査受診率の向上に努めています。

2020年度は当初目標に掲げた70%をクリアしました。次年度は目標を100%とし、企業の行動指針に「健康になる」ことを追加することで、全社員が健康に対する認識を高め、生産性の向上と災害防止に努めます。
 [再受診率の推移]
 2018年度  7.0%
 2019年度 46.2%
 2020年度 84.6%

禁煙(非喫煙者)賞与の支給と
喫煙率の推移

2021.05.10


2021年5月 禁煙(非喫煙者)賞与を支給しました。
当社は、社員の健康増進のほか、喫煙時間の削減による生産性の向上、失火リスクの軽減等を目的に、2012年から禁煙(非喫煙者)賞与制度を導入しています。

今年も新たに禁煙を誓約する社員が増え、喫煙率は23.6%まで減少しました。建設業界では比較的優れているかもしれませんが、喫煙率ゼロを強く目指し、今後も啓蒙活動を続け非喫煙者の増加に努めます。
 [喫煙率の推移]
 2012年4月 70.7%
 制度導入当初
   ¦    ¦
 2017年4月 49.0%
 2018年4月 48.1%
 2019年4月 42.9%
 2020年4月 27.8%
 2020年4月 23.6%

第37回 安全衛生委員会
[通算199回]

2021.04.20


コロナウイルス感染症対策として、消毒、換気や間隔に配慮し、4月度安全衛生委員会を開催しました。本社会議室(20名)、本社事務室(10名)、福山営業所(12名)をWEBで接続し合計42名参加。

「熱中症対策は春から」と題し、汗腺機能を高める方法や暑熱順化の必要性について伝達しました。当社は、昨年熱中症を発生させた反省を踏まえ、WBGT測定器の準備・点検、WBGT値を下げるための設備配置等について具体的に指示を行いました。また、熱中症対策としては特に各個人における健康管理が重要で、”日々の睡眠・飲酒・朝食摂取”や、”糖尿・高血圧・腎不全・皮膚疾患等の持病”が熱中症に大きく影響することを復習。糖度が高く塩分の少ないスポーツドリンクは、即時効果が少ないだけでなく持病にも悪影響を及ぼすことを注意喚起しました。

第36回 安全衛生委員会
[通算198回]

2021.03.19


コロナウイルス感染症対策として、消毒、換気や間隔に配慮し、3月度安全衛生委員会を開催しました。本社会議室(36名)と福山営業所(12名)をWEBで接続し合計48名参加。

直近1か月に過去に経験のないペースで、4件の災害・事故と1件のヒヤリが発生したことから、1件ずつポイントの整理を行い、注意喚起と再発防止のための情報共有を行いました。
従来から存在するルールを守ること、正しい報告を行うこと等の基本が欠落した事案もみられ、残念ながら容易に防ぐことができた事故も含まれます。再発防止のために、当事者意識を持ち、”転んだら、何かをつかんで起き上がる”ことを誓いました。

「健康経営優良法人2021」認定

2021.03.04


経済産業省が、健康経営の普及促進に向けて、次世代ヘルスケア産業協議会健康投資ワーキンググループにおいて設計する「健康経営優良法人認定制度」において、 当社は昨年に続き、2021年3月4日付けで日本健康会議により、「健康経営優良法人2021」に認定されました。
これからも、社員の健康管理を経営的な視点で考え、企業と働く人の”幸せのカタチ”を実現できる環境を整備していきます。

▶経済産業省ニュースリリース

2月度安全衛生委員会の開催中止

2021.02.19


新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する観点から、2021年2月度の安全衛生委員会を中止し、情報はグループウェアにて発信しました。

コロナウイルスの新規感染者数は落ち着きを見せつつありますが、重症の方も多くおられます。最近では、後遺症が、当初考えられていたよりも深刻である可能性が出てきました。「自分は重症化しないだろう」と気を緩めくことなく、対策を講じるよう注意喚起しました。

ファジアーノ岡山 子ども向けサッカースクール『晴れの国トップアスリート派遣事業』スポンサー

2021.02.01


2021年も引き続き、ファジアーノ岡山の子ども向けサッカースクール『晴れの国トップアスリート派遣事業』のスポンサーを行い、 青少年の健全な育成と地域活性化を応援していきます。
また、ファジアーノ岡山スポーツクラブの、地域振興におけるリーダーシップに期待し、その全ての活動を応援します。

1月度安全衛生委員会の開催中止

2021.01.20


新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する観点から、2021年1月度の安全衛生委員会を中止し、情報はグループウェアにて発信しました。

先月に続き、近しい関係においてコロナウイルス感染が発生しています。報道では毎日見聞きしているにもかかわらず、いざ自身がその関係者となった場合に、どのように行動すればよいのか迷い、またその影響の大きさに驚きました。
日頃の安全活動における危険予知(KY)と同様に、想像して備え、有事には遅滞なく対処するように伝達しました。

「第68回優良商工従業員表彰」
受彰

2020.12.23


倉敷商工会議所より、社員3名を勤続30年以上の優良永年勤続者「優良商工従業員」として表彰いただき、同時に倉敷市より感謝状を頂戴しました。
比較的離職率が高いとされる建設業界において、3名は今年入社36年目を迎え、現場の作業や管理に従事しております。お取引先および地域関係各所の皆様のご支援にお礼申し上げます。
今後も企業が持続的に発展していくために、社員が”働きたい”と思える労働環境の整備を実施していきたいと考えます。

[新型コロナ対策]
AIサーマルカメラの導入

2020.12.21


新型コロナウイルス感染症対策として、AIサーマルカメラの導入を行いました。カメラにより複数人の顔を同時に検知し、体表面温度を即時(約1秒)・正確(±0.5℃)に測定することが可能となります。また、ヘルメットやマスクを着用していても顔を認識し、人の通行を止めることなく対応できる特徴があります。
従来はひとりずつ温度計で測定していましたが、今後は当該システムにより、混雑の緩和、接触感染の低減、体温異常者の記録保持(虚偽申告の回避等)に効果を発揮し、利便性が向上するものと考えます。

12月度安全衛生委員会の開催中止

2020.12.18


新型コロナウイルス感染症の拡大を防止する観点から、2020年12月度の安全衛生委員会を中止し、情報はグループウェアにて発信しました。

今月、極めて近しい取引先においてコロナウイルス感染が発覚し、改めて身近に迫る緊急事態であることを認識しました。幸いにも連鎖は免れましたが、しばらく続くこの状況に緊張感をもって対応したいと考えます。

1 2 3 17